<世界への呼びかけ> 「3・11」フクシマ事故発生から1年――。原発なき世界のためにアクションを!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - <世界への呼びかけ> 「3・11」フクシマ事故発生から1年――。原発なき世界のためにアクションを!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

 「3・11」の東電福島第一原発事故からまもなく1年。多くの人々が避難
を強いられ、損害賠償も未だ不十分なままに困難な暮らしを続けています。
 こうした中で、脱原発への支持が7割を超える世論とは対照的に、日本
政府は今なお原発に固執しています。「冷温停止状態による収束宣言」な
る非現実的な表明。福島の子どもたちにまで、年20ミリシーベルトという
危険な避難基準を押し付ける非人道的な政策。政府の原発事故対応会議の
議事録さえ残さない隠ぺい行政。大多数の国会議員の賛成による原発輸出
のための原子力協定の批准。そして、安全性の保証なき原発再稼働への危
険な傾斜。
 こうした政策が繰り出されるのは、「3・11」を経てもなお、原発利権
を共有する「原子力ムラ」と呼ばれる原子力複合体が政策を牛耳っている
からです。問われているのは、日本の民主主義でもあります。

 政府が脱原発を決断できないでいる一方で、「3・11」の衝撃は、原発
をめぐる光景に大きな変化をもたらしています。現在、原発は定期点検の
ため次々と停止し、稼働しているのは全54基中わずか2基となっています。
再稼働がなければ、遅くとも5月初めには原発ゼロの日本が実現します。
この機会は、福島事故による巨大な被害と被災者の苦難の結果もたらされ
つつあるものであり、決して逃してはならないものです。原発ゼロの達成
は、日本の脱原発を一気に加速させると同時に、世界の脱原発のためにも
重要なステップとなるでしょう。

 電力会社や経済産業省、原子力安全・保安院など原発推進勢力は、福井
県の大飯原発3、4号機の再稼働に向けた動きを強めています。原発メーカ
ーから献金を受けた専門家や、原発推進機関であるIAEAのお墨付きを
得ながら、「ストレステスト」というコンピューター・シミュレーション
のみをもって、4月の再稼働を目指しています。従来の耐震・安全指針が
無効となり、福島事故の原因も未解明な中で、再稼働はあり得ません。

 ヒロシマ、ナガサキ、ビキニ、スリーマイル、チェルノブイリ、そして
フクシマ。人類そして生命は、核=原子力と共存することは出来ません。
核被害を防ぐ最善の方法は、原発と核兵器をなくすことなのです。
 福島事故1年の「3・11」は、日本の、そして世界の市民が脱原発の意志
を大きく示す機会です。この日、福島では大集会が行われ、国会議事堂を
包囲するヒューマン・チェーンをはじめ、日本各地で集会・デモが行われ
ます。力を合わせて、日本政府に原発の再稼働ではなく、即時廃止を政治
決断させましょう。自国の政府に脱原発を要求しましょう。この日、世界
の市民は街頭に出て、ヒューマン・チェーンなど創意あふれるアクション
を行いましょう。「フクシマを支えよう!」「核よさらば!」の声をともに。

コメントは受け付けていません。